Rss

不規則な勤務形態

看護師の仕事は他の職種に比べ、かなり激務に近い環境にあります。それだけでも結構きつい状態ですが、それに加え看護師の職場と切っても切れない関係にある夜勤を加えると相当過酷な職場といわざると言えます。夜勤は不規則な生活を強いる元凶でありますが、エスカレートすると生活のリズムが激変し体調を崩すことになります。体調を崩しても本人だけの問題ならそれでも構わないのでしょうが、看護師という職業ではそうもいきません。体調を崩すと他のスタッフ社員に迷惑をかけることになり、患者にも適切な医療行為ができなくなる可能性が生じてきます。その為に、行きつく先は医療行為のミスによる重大な過失に、簡単に結びつけられてしまいます。夜勤そのものが悪いわけではなく、その後の勤務体制に問題があるのです。例えば夜勤明けの翌日の日勤、3交代制であれば准夜勤後の日勤、日勤後の深夜勤体制等は休憩できる時間が短く、精神的のみならず肉体的にも負担を強いる状態で、疲労が蓄積されてしまいます。このような状態で夜勤を続けていくと、注意力が散漫になり、集中力もなくなり最後には重大な医療ミスに繋がる恐れが生じてきます。こういったリスクを回避する為に医療施設によっては労働環境を改善して、夜勤の少ない職場や残業の少ない環境に変えていっている施設も少なくありません。要は必要最低限の看護師が確保できなければ、医療施設も経営が成り立たないという図式がある為、このような取り組みに発展するのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です